1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デロイト トーマツと東京大学が連携しサイバーセキュリティ人材を育成

2016年7月25日

デロイト トーマツと東京大学が連携しサイバーセキュリティ人材を育成

デロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)は、東京大学情報学環と連携し、東京大学に所属する学部生、大学院生を対象にしたサイバーセキュリティ人材育成プログラム「デロイト トーマツ x 東京大学 SiSOC サイバーセキュリティトレーニング」を9月に開催する。

DTRSはデロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所(DT-ARLCS)の活動を通して、サイバーセキュリティ人材の育成に取り組んでおり、本活動はその一環。

DT-ARLCSではこれまで、技術的基盤を活用して企業や組織のセキュリティ担当者を対象にハンズオン(体験型の学習)による研修等を実施し、実践的な人材の育成を支援しる。

また、複数の大学でシステム監査やフォレンジックの講義を行うなど大学とも連携している。高度なスキルを持ったサイバーセキュリティ人材の不足が叫ばれる中、さらに人材育成を強化し、産学官挙げてサイバーセキュリティ人材の発掘・育成支援の活動を本格化させるもの。 2016年9月、DT-ARLC及び東京大学情報学環主催、オランダ大使館及びデロイト オランダの後援により、東京大学情報学環 セキュア情報化社会研究寄附講座(SiSOC)でトレーニングプログラムを実施する。

東京大学および大学院の学生を対象に、デロイト オランダのサイバーセキュリティの専門家が講師を務める。デロイト オランダが企業のサイバーセキュリティ担当者向けに提供しているプログラムを学生向けにアレンジし、最新のサイバー攻撃手法から対策技術までを解説。

さらに、3日間のトレーニングを通じ優秀と認められた受講者には、オランダ大使館の協力のもとオランダへの研修旅行が提供され、デロイト オランダを含めた先進的なサイバーセキュリティの取り組みを行っている企業などを見学する。本プログラムは 今後継続的に実施する予定だという。

EDIX2017会場でClassiを体験! 「先生の授業・生徒指導」「生徒の学習」を支援するクラウドサービス 導入事例はこちら
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ