1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 地球体験スペース「丸の内・触れる地球ミュージアム」が東京駅前にオープン

2016年7月25日

地球体験スペース「丸の内・触れる地球ミュージアム」が東京駅前にオープン

「触れる地球の会」は、「丸の内・触れる地球ミュージアム」を東京 丸の内 行幸通り地下通路で、7月29日から10月30日まで開催致する。

chikyu

“ 地球目線”でものを見て考える、文字通りの「地球人」を育てたい、というコンセプトの下、次世代のデジタル地球儀「触れる地球」5台により、地球の今と面白さを知り、地球の未来を考える体験空間を実現するもの。

デジタル地球儀「触れる地球」は、リアルタイムの気象情報や世界のライブ画像、生物の営みや地球温暖化など、生きた地球を可視化する地球儀として、伊勢志摩サミット、ミラノ万博、内外の科学館・博物館で展示されるなど日本のみならず海外でも、その訴求力が高く評価されているという。 夏休み中は、子ども・親子連れを対象にしたセミナー、ワークショップも開催致。秋口からは、高校生・大学生向けの未来の職業ワークショップ(WS)、大人向けのソーシャルデザインWS なども開催予定。

開催概要

催事名称: 丸の内・触れる地球ミュージアム
企画構成: 竹村真一 + Earth Literacy Program
会期: 2016年7月29(金)~10月30日あ(日)
会場: 行幸通り地下通路(東京駅と皇居をつなぐ行幸通り)
開館時間: 10:00 ~19:00休館日: 火曜日 8月12(金) ~16日(火)
入場料: 無料 (ただし、 一部プログラムに教材費の徴収等あり)

イベント詳細・資料(PDF)

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録