1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. IT教育時代の新しい理科教育キット「μHandy」日本上陸

2016年7月29日

IT教育時代の新しい理科教育キット「μHandy」日本上陸

ハタプロは、教育現場で急速に進むIT化による「1人1台タブレット端末を持つ時代」を見据えて、科学を手軽に楽しみながら学べる、新しい小型顕微鏡デバイスと特殊なシールをセットにした理科教育キット「μHandy(ミュー・ハンディ)」を日本市場向けに提供開始する。

μ日本ではまだ未発売の製品で、7月~8月の期間限定で朝日新聞社の運営するクラウドファンディングサイトA-portで先行予約販売を実施している。

「μHandy(ミュー・ハンディ)」は、子供でも簡単にポケットに入れて持ち運べる軽量で丸い小型の顕微鏡デバイスと、特殊な“シール”型プレパラートで手軽に採取・保存ができる教材がセットになった教育キット。

小型顕微鏡デバイス「μHandy(ミュー・ハンディ)」を装着したスマートフォンやタブレット端末のカメラでシールを覗くだけで、手軽にミクロの世界を覗くことができる。1μm(0.000001 m)まで見ることができ、 子どもだけでなく大人も本格的な研究に使用することができるという。

関連URL

クラウドファンディングサイトA-port

問い合わせ先

ハタプロ
info@hatapro.co.jp

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21