1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 六本木ヒルズで「littleBits で街づくりに挑戦しよう!」に夢中になる

2016年7月29日

六本木ヒルズで「littleBits で街づくりに挑戦しよう!」に夢中になる

デジタルハイクとfor Our Kidsは28日、六本木ヒルズで開催しているKIDS’ WORKSHOP 2016「MIRAI SUMMER CAMP」の一環として、「littleBits で街づくりに挑戦しよう! 〜電子工作を通して社会とつながるスキルを身に付けよう~」を開催した。

はじめに、街づくりとは何かをプログラミング的な発想のプロセスで学んだ。「○+5=10」、「○×5=25」。イコールの左側がインプット、右側がアウトプットという考え方で、「○+□+△=文化的な街」だとしたら、○□△は何?といったもの。 街を「生活」「行政」「文化」「観光」4つのテーマに分けて、メンバーもグループ分け。それぞれのテーマから、○□△のパーツを組み合わせて街づくりにチャレンジする。

六本木ヒルズの窓から外を眺め、パーツを思い浮かべることから街づくりを始める

六本木ヒルズの窓から外を眺め、街のパーツを思い浮かべることから始める

イメージが湧いたところで、思いついた現代のパーツの絵を描いて共有する。次に、未来のイメージを絵に描く。各グループの未来のイメージから、面白いと思うアイデアに投票。

投票結果を参考にしながら、いよいよ各々がテーマに沿ったものつくりを開始する

投票結果を参考にしながら、いよいよ各々がテーマに沿ったものつくりを開始する

littleBitsの使い方については、基本的なこと以外の情報を与えられていないにもかかわらず、子どもたちは次々にパーツを繋いで反応を確かめながら自分のイメージを形にしていく。

宝の山からパーツを選ぶ

宝の山からパーツを選ぶ

littleBitsははじめてという子どもに、パーツの種類や使い方がわかるのか聞いたところ「べつに、試し試しでもんだいありませんよ」と、返されてしまった。トライアンドエラーに慣れているジェネレーション。

lb-08

長時間の作業でも、集中力が続く

長時間の作業でも、集中力は途切れない

今回のワークショップは、3時間という予定時間の内100分を「Make」と呼ばれる制作作業に当てており、子どもたちも時間を掛けて複雑な仕組みに挑戦している。

次第に子どもたちだけでなく、保護者も指導者たちも夢中で街づくりに取り組んでいた。

街の舞台となるテーブルに、次々に作品が置かれていく

街の舞台となるテーブルに、次々に作品が置かれていく

街が完成。一人ひとり自分の作品自慢をする

街が完成。一人ひとり自分の作品自慢をする

決められた休み時間も無く、黙々と作品制作に取り組んだ子どもたちだが、その表情は常に真剣さと笑顔が溢れていた。

KIDS’ WORKSHOP 2016は第3期が、8月2日まで受付中。

関連URL

KIDS’ WORKSHOP 2016

デジタルハイク

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録