1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 頭の中のアイデアをその場で形にするiOSアプリ「Pash」リリース

2016年7月29日

頭の中のアイデアをその場で形にするiOSアプリ「Pash」リリース

Mogicは27日、簡単に写真/テキスト/手書きを組み合わせて、コンテンツを作れるアプリ「Pash(パッシュ)」をリリースした。今回のバージョンは、 iPad/iPhoneで無料利用できる。

pash教室や会議室、電車の中などでパッと湧き出たアイデアをすぐに形にすることは難しいもの。写真を撮り、テキストを書き 組み合わせて一つの資料にするのは時間と手間がかかる。「Pash(パッシュ)」は、そのように消えやすいアイデアをできるだけすぐに人に伝えられるように、直感的にコンテンツとして保存できるアプリ。

まずアプリで、一つのファイル名をつけたのち、カードと呼ばれる1枚の枠内に写真やテキストを配置。ファイルには複数のカードが順番に並び、思いついた順にメモ的にまとめていくことができる。また、できたファイルはGoogleドライブやメールなどに画像ファイルやPDFファイルとして送信することが可能。そのため、その場で写真を撮り、メモを書き、すぐにシェアすることができるようになる。

授業中に、生徒から質問が多かった箇所をその場ですぐにまとめて教材を作ったり、会議中にホワイトボードを写真にとりながら、手書きのメモをつけて簡易的な議事録にして会議終了時にすぐ参加者に送信したり、工事現場で写真を撮りつつ、メモを残して、すぐに上長に連絡するといった使い方に便利だという。

関連URL

「Pash(パッシュ)」

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録