1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東大とソラミツなどがブロックチェーン技術活用に関する実証研究を開始

2016年8月25日

東大とソラミツなどがブロックチェーン技術活用に関する実証研究を開始

東京大学、会津大学、GLOCOM (国際大学グローバル・コミュニケーション・センター)、ソラミツは24日、今年6月ブロックチェーン技術を活用した地域通貨の実証研究を行うため、共同研究契約を締結したと発表した。

本共同研究契約に基づき、今秋から会津地域を中心に、ブロックチェーン技術を活用した地域通貨やアプリケーションの試作、実証実験、効果検証などの研究が行われる予定。

各者の役割は、東京大学が全体統括、経済・制度に関して、会津大学がブロックチェーン技術利用に関して、GLOCOMが経済モデル、ビジネスモデルに関して、ソラミツがブロックチェーン技術システムに関しての研究を担当する。

関連URL

ソラミツ
http://soramitsu.co.jp/

実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ