1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 遠隔操作ロボットによる介護サポートの実証テストを実施

2016年8月26日

遠隔操作ロボットによる介護サポートの実証テストを実施

M-SOLUTIONSは26日、ソフトバンクと共同で行っている人型ロボット「Pepper」の介護施設での導入に向けた実証テストにおいて、ソフトバンクグループのアスラテックのロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper (ブイアールコン・フォー・ペッパー)」を使った実証テストを実施したと発表した。

利用者とヘルパーがPepperを通じて遠隔でコミュニケーションとる様子

利用者とヘルパーがPepperを通じて遠隔でコミュニケーションとる様子

今回のテストは、介護現場に遠隔操作ロボットを導入することで、十分な介護サービスの提供とヘルパーの負担軽減の両立の実現性を実証するためのもので、24日、25日に東京都足立区の介護施設「わかばケアセンター」で行われ、実際に多くの介護サービス利用者やヘルパーが体験した。

VRconは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使って、インターネットに接続されたPepperを遠隔操作可能にするソフトウエア。Pepperを遠隔で動かすだけでなく、映像や音声を使ったやり取りも可能で、遠隔地にいるオペレータの声をPepperのスピーカーで出力できるほか、オペレータがキーボードで入力した内容をPepperの声で読み上げる機能も備えており、人間のリアルタイムでの操作による自由な動きや会話が可能になるという。

関連URL

アスラテック

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21