1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 反転授業・ALを手軽に実現する次世代教育プラットホームを提供開始

2016年8月29日

反転授業・ALを手軽に実現する次世代教育プラットホームを提供開始

パナソニックインフォメーションシステムズは26日、反転授業やアクティブラーニングを手軽に実現できる次世代教育プラットフォームの提供を開始したと発表した。

pana-1

第1号ユーザーとして、国際学院埼玉短期大学で今年3月から先行導入している。

pana-3反転授業やアクティブラーニングは、教員への負担の大きいことが実施のハードルとなっているが、今回の次世代教育プラットフォームでは、授業映像の収録や視聴ログの確認、小テストの作成など、必要な準備から実施までをすべてひとつのシステムで統合的に行えるようになっているのが特徴。また学生側も、学内PCや専用タブレットからこのシステムにアクセスすることで、いつでも手軽に学習に取り組むことができるようになっている。

pana-2動画収録・配信機能の処理エンジンにはヴイ・インターネットオペレーションズの「ArgosView授業配信システム」を、教員・学生が利用するフロントエンドシステムにはオープンソースLMS (学習管理システム) を採用。また、「Moodle」をベースとするあらゆるLMSに対応しているため、既に利用中のMoodleベースLMSに追加開発することも可能。

国際学院埼玉短期大学では、調理実習室、実験室、リズム教室の3教室で活用。調理実習で、先生のデモンストレーションをリアルタイムでモニタに映し、手元をはっきりと見せたり、あらかじめ授業映像を収録して学生の事前学習用に配信したり、電子黒板に教材写真を映し出し、電子ペンで生徒に書き込ませる参加型授業に利用したりしている。

関連URL

導入事例

パナソニック インフォメーションシステムズ

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21