1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 松戸市の子どもの学習支援事業に「すらら」が採用

2016年8月8日

松戸市の子どもの学習支援事業に「すらら」が採用

すららネットは、エデュケーショナルネットワークと連携し、松戸市の「子どもの学習支援事業」で、クラウド型学習システム「すらら」を使った放課後の学習支援を、5月から実施していると発表した。

「子どもの学習支援事業」は、生活困窮世帯などの子どもを対象に、放課後の学習支援を実施するもの。同事業を松戸市から受託したエデュケーショナルネットワークは、生徒に個別指導を実施することが、予算や人材確保の面から難しいという課題を抱えていた。

そこで、6月から「すらら」のアダプティブな学習機能を活用し、講師1名に対し5~7名程度の少人数指導にすることで、学習状況と習熟状況に合わせた柔軟な講座を展開しているという。

2016年度は、小中学生を対象とした放課後の学習支援事業の中で「すらら」を使った少人数制授業を行っており、学校が夏季休暇中も継続して実施している。

関連URL

すらら

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ