1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 韓国e-ICON世界大会で日本と韓国の合同チームが2位入賞

2016年9月5日

韓国e-ICON世界大会で日本と韓国の合同チームが2位入賞

学校インターネット教育推進協会(JAPIAS)は2日、8月19日~24日にかけて韓国慶州(キョンジュ)で開催された第6回韓国e-ICON世界大会で、日本代表として参加していた慶應義塾湘南藤沢高等部の福崎 奨さん(高校1年)と東京都立小石川中等教育学校の佐藤圭一郎さん(高校2年)の2名と韓国の生徒2名の合同チームが、2位入賞したと発表した。

03-japiase-ICON世界大会は、アジア諸国のICTスキルに優れた学生が韓国に集まり、ICTを活用した教育コンテンツの開発を競う大会で、今年で6回目。

本大会には、韓国、中国、日本、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナム、ペルーの6カ国から各国のICT活用に優れた生徒60人が招待を受け、日本からは、第18回全国中学高校Webコンテストで上位入賞した6名の生徒が参加した。

03-japias2大会では、韓国の生徒2名とアジア諸国の生徒2名の計4名が一つのチームを組み、渡航前にオンラインによるコミュニケーションで企画を練った後、現地に入り、教育用のアプリケーションを開発した。最終日にはプレゼンテーションを行い、審査を受けて、授賞結果が発表された。

学校インターネット教育推進協会では、第2回大会から、文部科学省からの参加者推薦の要請を受け、出場条件に則り、この大会に参加する生徒の推薦を行っている。

関連URL

e-ICON世界大会

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21