1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワコム「デジタル・ステーショナリー コンソーシアム」を設立

2016年9月6日

ワコム「デジタル・ステーショナリー コンソーシアム」を設立

ワコムは5日、9月3日にドイツ・ベルリンで開催した「コネクティド・インク」のイベントで、「デジタル・ステーショナリー コンソーシアム」を今年10月に設立すると発表したことを明らかにした。

本コンソーシアムの目的は、ワコムの推進するWILL (Wacom Ink Layer Language) を活用して、デジタルインクをユニバーサルでオープンかつ実用的なフォーマットとして確立すること。WILLは、デジタルインクデータの相互互換性を確保する技術で、ハードウェア、OS、ソフトなどの垣根を超えて、生活やビジネスのさまざまな面で、クラウド上で自由にインクを利用したコミュニケーションやコラボレーションを可能にするという。

今年で3回目となる「コネクティド・インク」のイベントには、サムスン電子、モンブラン、台湾のEインク、ドイツのセンターデバイス、スイスのモカスタジオ、イスラエルのウィーキャストなど、デジタルインクとデジタルペンのエコシステムを構成する有力パートナー各社のエグゼクティブが参加した。

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録