1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. サッカー日本代表・本田圭佑の第1号投資先はプログラミング教育

2016年9月12日

サッカー日本代表・本田圭佑の第1号投資先はプログラミング教育

現在ACミランに所属し、サッカー日本代表の本田圭佑氏が立ち上げた投資ファンドのKSK Angel Fundなど6者は、ライフイズテックが、プログラミング教育のSNS「MOZER」の開発と、海外での事業展開に向けて実施した資金調達に、総額約7億円を投資した。なお、ライフイズテックはKSK Angel Fundの第1号投資先となる。

「MOZER」は、プログラミング教育における地域格差や経済格差の是正を目的としたSNS。

今回ライフイズテックは、その開発や海外展開に向け、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ジャフコ、電通デジタル・ホールディングス、ベクトル、Mistletoe、KSK Angel Fundなどを引受先とした第三者割当増資などにより、総額約7億円の資金調達を実施した。

今回の資金調達を含め、累計での資金調達額は約10億円となる。

関連URL

ライフイズテック

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録