1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. KDDIがIoTシューズを活用した体験型迷路アトラクション

2016年9月15日

KDDIがIoTシューズを活用した体験型迷路アトラクション

KDDIとよみうりランドは14日、au未来研究所が開発した、スマートフォンと連携する子供向けIoTシューズ「FUMM (フーム)」を活用した体験型迷路アトラクション「FUMM ADVENTURE (フームアドベンチャー) powered by au」を、10月8日から、よみうりランド「グッジョバ!!」エリアにオープンすると発表した。

14-kddi

「FUMM」はau未来研究所のコンセプトモデルとして開発されたもので、靴に「カラー」「感圧」の2種類のセンサーを搭載し、歩く、ジャンプといった子供の動きや踏んでいる地面の色を識別するIoTシューズ。動きや地面の色に応じたさまざまな音や映像がスマートフォンに表示される仕組みになっている。

最先端のIoTを使ったアトラクション施設によって、親子で楽しめるのはもちろん、親子のコミュニケーション活性化や子供の豊かな想像力を伸ばすことを目指しているという。

関連URL

FUMM ADVENTURE

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ