1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 41社協力のもと「神戸市ドコモ見守りサービス(実証事業)」開始

2016年9月16日

41社協力のもと「神戸市ドコモ見守りサービス(実証事業)」開始

神戸市とNTTドコモは15日、41社の事業者の協力のもと、BLE(低電力ブルートゥース)タグ使い小学生の見守りを行う「神戸市ドコモ見守りサービス(実証事業)」を開始した。

実証事業での見守りのイメージ

実証事業での見守りのイメージ

「神戸市ドコモ見守りサービス」は、4月に神戸市とドコモが締結した、ICTやデータを活用し、地域の解決を図ることを目的とした協定の取り組みの1つとして実施される。

具体的には、2016年9月15日~2017年2月28日の期間、BLEタグを持った子どもが、市内各所に設置した定点検知器や、事業協力者が持つスマートフォンの近くを通過する際に、位置情報をサーバに通知して見守りを行う。

定点検知器は、小学校、福祉施設、公共施設、阪神電鉄・阪急電鉄や市営地下鉄駅などの公共交通機関に設置するほか、事業者の協力のもと、店舗や営業所などにも設置する。

また、協力事業者の従業員が持つスマートフォンや、地域住民向けに提供する「見守り応援隊アプリ」アプリをダウンロードしたスマートフォンも定点検知ポイントとして活用。市では、1000名ほどの協力者を見込んでいる。

同実証事業では、これらにより、広域での検出ネットワークを形成した、発見精度の高い見守りについて検証を行う。

関連URL

神戸市ドコモ見守りサービス(実証事業)

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録