1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Ruckus、東京女子大教室棟等NWインフラに無線LANアクセスポイント導入

2016年9月16日

Ruckus、東京女子大教室棟等NWインフラに無線LANアクセスポイント導入

ラッカスワイヤレスジャパン(Ruckus)は15日、東京女子大学が同大学教室棟と学生寮のネットワークインフラとして、無線LAN アクセスポイント「ZoneFlex R300」「ZoneFlex R500」と仮想コントローラ「Virtual SmartZone」(vSZ)を導入したと発表した。


同大学では、これまでキャンパス内のLAN 環境の整備を行ってきたが、教室棟の7 号館では有線LAN 環境がないために建屋間をブリッジングする必要があった。

そこで、無線LAN 製品の選定を進め、高密度環境や電波干渉が激しい環境下での通信の安定性、管理のし易さや高拡張性、キャンパスの美観を損ねない点等を検討した結果、ラッカスの無線LAN ソリューションの採用を決定した。

ラッカスの無線LAN アクセスポイント「ZoneFlex R500」のブリッジ機能を利用することで建屋間を無線LAN で繋ぐことが可能となり、イーサネットケーブルを配線することなく高パフォーマンスのネットワーク環境が構築できたという。

また、2016 年4 月に新設された学生寮「桜寮」でも、各部屋をカバーできる無線LAN アクセスポイントが必要となり、プライバシー保護のため採用された防音性が高く堅牢なスチールドアを隔てても安定した無線LAN 接続が得られるかが課題となっていた。

すでに教室棟の7 号館で採用されていたラッカスのアクセスポイントで実験を行ったところ、スチールドアを隔てても無線LAN 接続に問題がなく隅々まで強い電波が確認されたため、ラッカス製品の採用を決定。桜寮ではPCを使った寮内での学習だけでなく、日常的なスマートフォン利用の面でも安定した無線LAN 接続を実現できたとしている。

問い合わせ先

ラッカスワイヤレスジャパン
RuckusJP.PR@bm.com

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21