1. トップ
  2. データ・資料
  3. GMOメディア、10代女子スマホアプリ利用で8割近くが課金しない

2016年9月21日

GMOメディア、10代女子スマホアプリ利用で8割近くが課金しない

GMOメディアは20日、10代女子のスマートフォンライフや日常生活を調査・研究する機関「プリキャンティーンズラボ」で「スマホアプリに関する調査」を実施し、その結果を発表した。調査期間は2016年9月1日から9月7日。回答者の年齢は、13歳から16歳がボリュームゾーンとなっており、中高生が約90%を占めている。

アンケート参加者の年齢分布[N=1397 単一回答]

アンケート参加者の年齢分布[N=1397 単一回答]

それによると、所有しているスマートフォンのOSは、「Android」が53.0%となり、iOS(42.4%)を上回ったとしている。

通信キャリアは「docomo(40.5%)」が最多であるものの、「知らない/わからない」という回答が15.6%にのぼり、保護者が契約主体である場合が多いことから、自分が利用している通信キャリアを把握していない子どもも一定数いることがわかった。

「半年以内に起動したスマホアプリのジャンル」を尋ねたところ、ほとんど全ての女子が「ゲーム(99.8%)」を利用していることがわかった。続いて、「SNS(91.5%)」「カメラ・画像加工(86.0%)」が多く、「動画(79.2%)」「ミュージック(73.8%)」のアプリも7割以上が利用しているという結果となった。

また、スマホアプリの利用者にアプリの課金について聞いたところ、「課金することはない(79.5%)」が約8割となった。課金するとの回答者がひと月に使う金額は「~500円以内(6.0%)」が最多である一方、月に5000円以上使う子どもも1%程度存在している。

調査概要

方 法:インターネットリサーチ
有効回答数:1397名
※出典「プリキャンティーンズラボ」、調査名称「スマホアプリに関する調査」

関連URL

「プリキャンティーンズラボ」

教育分野 西日本最大の専門展 関西教育ITソリューションEXPOに出展します! Classi 11.15-17
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録