1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 保育園に保護者が求めるものは英語の勉強法?

2016年9月28日

保育園に保護者が求めるものは英語の勉強法?

フェスコムが運営する「保育ぷらす+」では27日、今年7月に保育士・保護者から受けた相談電話をまとめ、保育園に保護者が求めている情報を集計。その結果、幼児教育が全体の70%を占め、その中でも英語に対する関心が圧倒的に高いことが分かったと発表した。

0928-hoiku「保育ぷらす+」では、保育士だけでなく保護者の保育の悩み相談やコンテンツ作成を行っており、月ごとに集計を出し、悩みの多いものに関しての情報を作成している。今回は、英語に関する相談で多かった3点を中心に紹介している。

1)幼児教育の大切さ?子どもの頃に勉強しないと手遅れなのか。
小学校入学前の子どもたちに対して行う教育活動である「幼児教育」

日本は世界に比べ幼児教育後進国!ノーベル賞学者が教える6歳児までの教育の重要性

2)英語勉強は語学スクール?プリスクール?教育法のどれがいいの?
英語を日本語に変えることなく英語のまま理解する!注目を集めている「イマージョン教育」とは?

英語学習はいつからがいいの?早期英語学習はプリスクールで

3)保育園での英語の資質はどう判断するか
赤ちゃん言葉を英語でマスター!新設された「保育英語検定」とは?

保育士も英語が必要になる?最近の保育業界の英語教育事情とは

関連URL

「保育ぷらす+」

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録