1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 3Dプリンターで製作した東京のリアルジオラマ「Kickstarter」でローンチ

2016年9月29日

3Dプリンターで製作した東京のリアルジオラマ「Kickstarter」でローンチ

3Dソリューション事業を行っているアイジェットは28日、DMM.comが展開しているクラウドファンディング支援サービスを通じて、3Dプリンターで製作した東京広域のリアルジオラマ「ONE HUNDRED TOKYO」を、米大手クラウドファンディングサイトKickstarterにおいてキャンペーン・ローンチしたことを明らかにした。

0929-3d「ONE HUNDRED TOKYO」は、フルカラー3Dプリンターで製作した、アート感覚で部屋のインテリアとしても楽しめる新感覚の立体地図。ゼンリンが専用車両で計測したリアルな都市モデルデータを利用し、100ピースをフルコンプリートした時には大迫力の東京立体地図が完成するというもの。本キャンペーンは、すでに13ピースが完成している「ONE HUNDRED TOKYO」の残る87ピースを製作、量産することを目的としている。

Kickstarterキャンペーンの実施期間は9月28日から10月27日まで。目標金額は1万ドル。支援については、85ドルから「ONE HUNDRED TOKYO」本体の購入が可能になり、支援金額が上がるにつれてピース数も増えていく。今回の資金は、「ONE HUNDRED TOKYO」の本格的な製品化に向けて、3D都市モデルの開発、量産に充てられる予定。

関連URL

リアルジオラマ「ONE HUNDRED TOKYO」

キャンペーンサイト

プロジェクト支援方法

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録