1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日本発、ジェットエンジン付きドローン「JumpJet X」がテスト飛行

2016年10月18日

日本発、ジェットエンジン付きドローン「JumpJet X」がテスト飛行

スタンダードムーブは17日、垂直離着陸できる航空機である「JumpJet X(ジャンプジェットエックス)」のテスト飛行を実施したと発表した。

スタンダードムーブ代表取締役ボー・リタリック氏(左)と伊尾木浩二氏

スタンダードムーブ代表取締役ボー・リタリック氏(左)と伊尾木浩二氏

スタンダードムーブは、2013年からドローン製造に精通した伊尾木浩二氏と共同開発で、3年をかけて「JumpJet X」を開発。

開発にあたり、デザインディレクターにはイタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手がけ、新幹線のデザインも手がける工業デザイナーの奥山清行氏が原型の構想図を制作。内外設計代表取締役の白石光修氏がエアフレームとジェットエンジンのマウント構造を手がけたという。

「JumpJet X」は最大積載量200 kg、ジェットエンジンン8個を搭載し、うち3個が故障しても問題なく飛行可能という。推力は合計320キロ(各40キロの推力のエンジンが8個)、自動化車両としては、日本で初めてドップラーレーダーの67-73Ghz帯域幅のライセンスを取得。最高予定速度は時速600km、最高予定飛行距離120kmだという。

関連URL

JumpJet X

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21