1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生の母国語能力の習得 回答の保護者全員が「重要」

2016年10月19日

小学生の母国語能力の習得 回答の保護者全員が「重要」

日本漢字能力検定協会は18日、子どもの漢字・日本語教育に関するアンケート調査の結果をまとめ、発表した。それによると、ほとんどの保護者が、子どもの将来にとって母国語能力を高めることが重要であると回答しているという。

今回の調査は今年8月から9月にかけて、小学生の子どもを持つ保護者527人を対象に実施された。そのうち、子どもの教育に関心があると回答した516人の回答結果をまとめて報告したもの。

それによると、516人全員が、小学生段階における母国語能力の習得を重視。また、ほとんどの保護者が、子どもの将来にとって母国語能力を高めることが重要であると回答している。

1019-kanken1

母国語能力の習得を重視する理由としてあがった回答のうち多かったのは、母国語能力がコミュニケーション力や思考力・判断力、表現力の基礎だからというもの。一般常識や教養、他教科の学習、外国語の習得の基礎としても母国語能力の習得を重視していることが明らかになったとしている。

そのほか、「小学生のうちに漢字の能力を身につけることは重要だと思いますか」の問いには、「非常にそう思う」が77.5%、「ややそう思う」が21.9%の回答結果となった。

アンケート調査概要

アンケート目的:教育に関心のある保護者がもつ、子どもの日本語・漢字教育に関する
意識を明らかにする
アンケート期間:2016年8月~9月
アンケート方法:イベント会場にて書面アンケートに回答
アンケート対象:日本漢字能力検定協会がイベント出展したブースに来場した小学生の保護者527人
有効回答者数(教育に関心があると回答した人数):516人(有効回答率:97.9%)

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21