1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. AI研究のパイオニアを特集「テクノロジストマガジン」vol.4発刊

2016年10月24日

AI研究のパイオニアを特集「テクノロジストマガジン」vol.4発刊

クリーク・アンド・リバー社のプロフェッサー・エージェンシーは21日、大学や企業などの研究機関に所属する研究者たちの素顔や生きざまに光をあてたヒューマンドキュメント誌「Technologist’s magazine (テクノロジストマガジン)vol.4」の発刊を発表した。

1024-cr同号では、はこだて未来大学の副理事長、松原仁教授を特集。松原教授は、AIが見向きもされなかった1980年代から30年以上にわたって最前線で研究を続け、とりわけ、コンピュータ将棋の研究やロボットによるサッカーワールドカップ「ロボカップ」の立ち上げなど、常に先陣に立って新たな道を開拓してきたという。

「日本はアメリカのAI研究を追うのではなく、違う道を攻めるべき」と語る松原氏の視線の先には何が見えているのか、無手勝流で切り拓く境地をインタビューした。

その他にも、「夢の紙」と呼ばれる新素材LIMEXを開発するTBM社や、食品の香味と成分間の指標化に関する研究を進めるサントリーグローバルイノベーションセンターの中原光一氏のインタビューなど、第一線で活躍する研究者たちの素顔に迫っている。

同雑誌は隔月発行で企業や大学の研究機関などに対して20000部を発行しているほか、1冊515円 (税込) で一般の購読も受け付けている。

購読の申し込み
プロフェッサー・エージェンシー

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21