1. トップ
  2. データ・資料
  3. 大学スマホサイト「使いやすさ」1位は福岡工業大、2位名古屋市立大

2016年10月31日

大学スマホサイト「使いやすさ」1位は福岡工業大、2位名古屋市立大

日経BPコンサルティングは28日、大学スマートフォンサイトのユーザビリティ(使いやすさ)を診断した「〔スマホ編〕全国大学サイト・ユーザビリティ調査 2016-2017」の結果をまとめ発表した。

1030-smp
スマートフォンに対応する大学が増えていることから、対象サイトを前回の146サイトから205サイトへ増大。総合ランキング1位は福岡工業大学、2位名古屋市立大学、3位県立広島大学だった。サイトの制作方式をみると、レスポンシブWebデザインを採用するサイトが6割まで増えた。

福岡工業大学は前回に引き続き1位を堅守。名古屋市立大学は前回、ランキング下位にいたが、スマートフォン向け画面デザインを大幅に修正して、見やすさ、操作のしやすさなどのスコアを伸ばし、総合2位にランクイン。

県立広島大学は、前回も20位(146大学中)と高い位置にいたが、今回はコンテンツ・ページのスマートフォン対応を進めたことでさらにスコアを伸ばした。今回、新規にエントリーした大学からは、東京国際大学と安田女子大学がトップ10入りしている。

サイトの制作方式ではレスポンシブWebデザインを採用するサイトが58%、別URL方式が28%、動的配信/動的変換が14%だった。レスポンシブの採用率は、前回の45%から増えている。スマートフォンサイトを新規に立ち上げる際にレスポンシブを採用する大学が多いことに加えて、これまで他方式を採用していた大学がレスポンシブに変更する例もあった。

関連URL

報告書の内容

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21