1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 介護サポート、VR絵本など「アプリ甲子園2016」決勝に進む10組決定

2016年10月4日

介護サポート、VR絵本など「アプリ甲子園2016」決勝に進む10組決定

D2Cは3日、中高生を対象にしたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」の決勝に進出する10組が決定したと発表した。決勝大会は10月23日に東京のD2Cホールで開催する。

決勝に選ばれた「VR絵本メーカー」

決勝に選ばれた「VR絵本メーカー」

「アプリ甲子園」は、12歳から18歳までの全国の中高生が開発した、スマートフォン向けアプリを広く募集し、その中から優秀な作品を表彰するコンテスト。

6回目となる今回は、7月1日~8月31日の期間に作品を募集し、9月18日に一次審査を通過した30組を発表、その後、10月2日の2次プレゼンテーション審査会を経て、決勝大会に進出する10組を決定した。

日記を食べる不思議な生き物に、日々自分の思った事・感じた事を与える「にっきかんさつ。」、認知症の方をターゲットとした介護サポートIoTツール「Find Family」、VR絵本をつくれるアプリ「VR絵本メーカー」などの10作品が決勝に選出されている。

決勝大会では参加者が公開プレゼンテーションを行い、外部から招いた審査員が優秀作品を選出する。

決勝大会概要

日  時:2016年10月23日(日) 13:00~18:00 ※受付開始 12:30
会  場:D2Cホール

詳  細

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21