1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BISCUE で多言語圏 向け「事業戦略部門での会話」を発売

2016年11月16日

BISCUE で多言語圏 向け「事業戦略部門での会話」を発売

シュビキは、多言語圏 (7言語) 向けの「ビジネス英語/中国語/日本語ドリル 事業戦略部門の会話」を、「BISCUE eラーニング」とアプリ「BISCUE App」向けに12月1日から発売すると発表した。

グローバル化の流れが加速する中、社内コミュニケーションの基盤として必要になるのが、ビジネス現場で使えるスタッフの語学力だが、同社では、こうしたニーズに対応して「ビジネス英語/中国語/日本語ドリル」シリーズを開発。

その第1弾は、事業戦略部門での会話で使われるフレーズを中心に、一問一答で、音声付きの短文をマスターする形式でまとめられている。各言語圏に対応しており、国内の外国人社員、海外雇用のスタッフ教育などにも使えるという。

定額制クラウド型eラーニング「BISCUE LS」(スマホ対応) の対象コースに盛り込めるほか、個人利用の場合には、スキルアップアプリ「BISCUE App」のIn-App (アプリ内課金)としても利用可能。

関連URL

BISCUE eラーニング

BISCUE LS

BISCUE App

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21