1. トップ
  2. データ・資料
  3. 国別英語能力ランキング、過去6年間で日本の英語能力が低下

2016年11月18日

国別英語能力ランキング、過去6年間で日本の英語能力が低下

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンは17日、世界最大の国別英語能力指数レポート「EF English Proficiency Index 2016」を発表した。

今回で6回目となる「EF EPI 2016」は、世界72カ国、95万人の成人の英語学習者のデータを用いて作成したという。

日本の順位は、昨年11月に発表された「EF EPI 2015」の順位(30位 / 72カ国)から5位下がり35位。また、過去6年間のEF EPIスコア(英語能力を示すスコア)の結果を比較すると、「EF EPI 2016」の下降が著しく、「EF EPI 2015」の結果からは-1.88ポイントと、過去6年間で日本人の英語能力が低下していることが判明したという。

アジア諸国の中で最もランキングが高かった国はシンガポール(6位 / 72カ国)。シンガポールはEF EPIスコアを昨年から+2.44ポイント伸ばしたという。アジアではタイ、香港、中国も注目に値する進歩を見せている一方、スリランカやパキスタンと並び、日本はアジア内で英語能力の最大の降下の結果となった。

昨年に続き今回も、上位5位を独占する北ヨーロッパの国々が含まれるヨーロッパの英語能力が他地域と大差をつけてランキング上位となっており、1位はオランダ、そしてデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドが2~4位を占めた。また、英語能力スキルの幅が各エリアで過去最高の開きをみせていることも注目の点だという。

関連URL

結果詳細

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録