1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 岡崎東高、杉山聖羅さんの「ノリタケの森」が最優秀デザイン賞

2016年11月17日

岡崎東高、杉山聖羅さんの「ノリタケの森」が最優秀デザイン賞

日本情報処理検定協会は、「第7回文書デザインコンテスト」の結果を発表した。

1117-ds「文書デザインコンテスト」は、ワープロ機能を使用して作成した優れた文章を表彰するコンテスト。7回目となる今回は”地域の成り立ち”をテーマに作品を募集した。

最優秀デザイン賞、文部科学大臣賞は、愛知県立岡崎東高校の杉山聖羅さんによる、食器ブランドを紹介した作品「ノリタケの森」に送られた。

優秀デザイン賞は、釧路商科専門学校の野澤妃夏さんによる「釧路水産業の歴史」と、愛知県立岡崎東高等学校の安藤有南さんによる「常滑焼」、つながるIT教室の宮口弥生さんによる「飯坂温泉の歴史」が受賞。

受賞作品は日本情報処理検定協会のホームページで見ることができる。

関連URL

第7回文書デザインコンテスト結果発表

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録