1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 古河市教委、プログラミング教育必修化を考えるセミナー12月開催

2016年11月22日

古河市教委、プログラミング教育必修化を考えるセミナー12月開催

古河市教育委員会とみんなのコードは、プログラミング教育必修化の本質を文部科学省有識者会議委員・実践校教員と考えるシンポジウム「プログラミングデー in KOGA vol.3」を、12月10日茨城県古河市三和図書館資料館(燦SUN館)で開催する。

文部科学省「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」(有識者会議)の委員でもある、みんなのコードの利根川裕太代表が”議論の取りまとめ”を解説するのをはじめ、東京都杉並区立杉並第四小学校の栗山崇志教諭、古河市立古河第三小学校の石﨑裕美教諭、同和田小学校の仲見川康隆教諭などが登壇、先進実践校の事例を紹介する。

また、Hour of Code教材の他、普段は有料の教材を体験する機会もあるという。

開催概要

開催日時:2016年12月10日 (14:00〜17:00)
開催場所:三和図書館資料館(燦SUN館)[茨城県古河市仁連2042-1]   地図
参加費:無料
定 員:40人(先着順)
申し込み終了:2016年12月09日 17時00分まで

詳細・申込

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録