1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. エニドア、AI向け多言語機械学習データ作成サービス開始

2016年11月28日

エニドア、AI向け多言語機械学習データ作成サービス開始

バイリンガルに仕事を発注できるクラウドソーシングサービスConyacを運営するエニドアは25日、人工知能向けの多言語学習データを作成するサービス「ConyacDATA」の提供開始を発表した。

ConyacDATAでは、機械翻訳やチャットポットを生成し、品質を向上させるための機械学習用データを、顧客のニーズに合わせて作成する。データは対訳コーパスだけでなく、会話データや音声データも取り扱う。サービス利用に初期費用は発生せず、作成したデータ量と分野に応じて料金が発生する仕組み。

人工知能を導入する場合、機械学習用のデータがないと多額のコストと時間がかかってしまうが、クラウドソーシングを活用して大量のデータを短時間で作成することで、迅速に自社ビジネスにAIを導入し、業務の効率化やビジネスの拡大が期待できるとしている。

関連URL

エニドア

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録