1. トップ
  2. ツール・教材
  3. DMM、3Dプリントの新素材「PPS」を使った造形サービス開始

2016年11月29日

DMM、3Dプリントの新素材「PPS」を使った造形サービス開始

DMM.comは、DMM.make 3Dプリントサービスで新素材のPPSを使った造形代行サービスを24日から開始した。

mainPPSは、東レが3Dプリントに転用すべく、新たに開発した新材料(PPS樹脂微粒子“トレミルPPS”)。主に耐熱性や耐薬品性、機械的強度、難燃性に優れたスーパーエンジニアリングプラスチックで、高耐熱性、耐薬品性、高強度が求められる自動車、航空宇宙、産業・医療用機械用途などへ適用が可能。また、低吸水のため水回りの部品などにも応用できるという。

PPSを3Dプリントで出力することで、金属代替部品として応用でき、部品や金型在庫を持たなくて良いというメリットがある。さらに、加工性に優れている点も特徴的で、DMM.comでは研磨サービスも検討しているという。

同社の3Dプリント造形代行サービスは「定期的な素材追加」に着目し、種類を増やしてきたという。現在、取扱素材は23種。プロ向けデザインワークから趣味のフィギュア作りまで、インターネットから高品質な3Dプリントが実現できる。

関連URL

DMM.make 3Dプリント公式サイト

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ