1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. teratail、今年流行った技術を学べるアドベントカレンダー開始

2016年11月29日

teratail、今年流行った技術を学べるアドベントカレンダー開始

レバレジーズは、エンジニアの問題解決プラットフォーム「teratail(テラテイル)」で、日本IBM監修の下、2016年に流行った技術を学習、実践、アウトプットできる「アドベントカレンダー」を28日から開始した。

main

日本IBMが提供するアプリケーションを構築、管理、実行するためのオープン・スタンダードとクラウドをベースとしたプラットフォーム「Bluemix(ブルーミックス)」を使って、オリジナル動画やチュートリアルを参考に、はじめての人でも機械学習やチャットボットなど今年流行った技術を利用したアプリを開発できるという。

12月1日~25日の「アドベントカレンダー」への参加を通じて、開発したアプリを1日1人ずつサイト上で発表し、優秀投稿者にはオリジナル賞品を贈呈するという。

2016年はAI元年とも言われ、機械学習や深層学習がIT業界のトレンドとなった。同様にSlack BOTやLINE BOTなどチャットボットを活用したサービスが次々と誕生し、ChatOpsにも注目が集まった。

しかし、ゼロから新しい技術を学ぶのはハードルが高く、挑戦するきっかけがなかなか掴めなかったエンジニアも少なくないことから、エンジニアの問題解決プラットフォーム「teratail」では、これらの技術をしっかり触ってもらう機会を提供し、エンジニアの新しい技術への挑戦をサポートしていくという。

「teratail」は、プログラミング時に抱える問題や課題を質問すると、全国のユーザーが自身の知見を活かして回答するエンジニアの問題解決プラットフォーム。言語ユーザー界の代表や技術本の著者など技術発展に貢献しているエキスパートも多数参画し、学生やプログラミング初心者から第一線で活躍する人まで、幅広いエンジニアの技術問題の解決をサポートしていくという。

関連URL

teratail

イベントページ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21