1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2017年生き抜く武器になる資格、1位は「FP」2位「TOEIC」

2016年11月29日

2017年生き抜く武器になる資格、1位は「FP」2位「TOEIC」

ユーキャンは28日、「2017年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」の結果を発表した。

調査結果によると、2017年を生き抜くために武器になる資格1位は「ファイナンシャルプラナー(FP)」で32.1%、2位「TOEICテスト」(23.7%) と続く。2017年の所得予想は、「変化なし」(44.7%)、「減少する」(32.3%)、「増加する」(23.0%) となった。

また、採用担当者と転職者が選ぶ就・転職に武器になる資格には、1位に「TOEICテスト」(44.0%)、2位に「ファイナンシャルプラナー」(32.0%)。

採用担当者が選ぶ「武器になる資格」は業種によっても大きく異なる傾向が見られ、「TOEICテスト」を選んだ比率は農業・林業・漁業・鉱業・建設業で6割と高かった。職種別で見ると、資材調達部門やコンサルティング部門で「TOEICテスト」を武器になる資格として選んだ比率は7割を超え、高い結果を得た。

今年の転職者が選ぶ「転職で役立った資格」では、1位「TOEICテスト」(9.0%)、2位「簿記」(7.5%) などとなった。

採用担当者の75%が、選考の際に資格を重視したことがあると回答。うち「複数応募者の中で甲乙つけがたい場合は、資格保有者を採用する」と回答した人が半数を超えた。

今回の調査は、今月4日~11日にインターネットを通じて全国で実施したもので、20~40代のビジネスパーソン996名、20~40代の採用担当者と2016年に転職した人のそれぞれ200名を対象にした。

関連URL

「武器になる資格」特設サイト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21