1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生の習い事、上位は「スポーツ系」「楽器系」

2016年11月30日

小学生の習い事、上位は「スポーツ系」「楽器系」

VSNは29日、小学生の子どもを持つ保護者の10~40代の男女994名を対象に、11月14日~17日に実施した「小学生の習い事に関する調査」の結果を発表した。

main「現在、子どもに通わせている習い事」については、サッカーやスイミングなど「スポーツ系」が33.5%で1位。2位「楽器系」、3位「英会話」、4位「習字」、5位「ダンス」、6位「そろばん」、7位「プログラミング」、8位「芸術系」と続いた。

また、「今後、通わせたいと考えている習い事」の上位は「スポーツ系」と「英会話」で、「最も長く続いている習い事」も「スポーツ系」がトップ、次いで「楽器系」となった。

一方、子どもの習い事にかける月謝の額(習い事一つに対しての平均額)については、全体の約半数が「1万円以下」という結果が出た。

子どもに身につけて欲しい能力では、1位が「コミュニケーション能力」で約7割が回答。次いで「問題解決能力」。現在、子どもに不足していると感じる能力は「忍耐力」が1位に挙げられた。

関連URL

小学生の習い事に関する調査の詳細

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録