1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ペンシルバニア州立大教授を招きICT教育について考えるフォーラム

2016年11月7日

ペンシルバニア州立大教授を招きICT教育について考えるフォーラム

お茶の水女子大学附属学校園のICT活用部会は、ペンシルバニア州立大のジェラルド・レテンダ教授を講師に招き、第4回ICTフォーラムを11月19日に東京のお茶の水女子大学附属中学校で開催する。

ICTフォーラムは、これからの学校教育について考えるイベント。4回目となる今回は、「ICT利活用は学校・子ども・教師を成長させるのか?~教師の成長と比較教育学:欧米の学校現場のICT利活用~」をテーマに、ICT CONNECT21と共催する。

講演には、ペンシルバニア州立大学 教育政策学科のジェラルド・レテンダ教授が登壇。

アメリカなど欧米のICT利活用をめぐる学校教育の状況を紹介するとともに、教師、子どもの成長について、比較教育、教師教育学的な視点で日本の教育について語る。

また、講演後にはフリーディスカッションも行う。

概要

日  時:2016年11月19日(土) 14:00~17:00
会  場:お茶の水女子大学附属中学校(東京・茗荷谷)[東京都文京区大塚2-1-1]
参加費 :無料 ※資料代として要500円

詳細・申込

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録