1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. SBGが「Pepper」を自治体や非営利団体に貸し出すプログラム開始

2016年11月9日

SBGが「Pepper」を自治体や非営利団体に貸し出すプログラム開始

ソフトバンクグループ(SBG)は、プログラミング教育や社会貢献を目的に、人型ロボット「Pepper」を自治体や非営利団体に貸し出す「Pepper 社会貢献プログラム」を2017年3月に開始する。21日まで同プログラムへの応募を受け付けている。

「Pepper 社会貢献プログラム」では2つのプログラムを実施する。

「スクールチャレンジ」では、貸し出しを希望する自治体が管轄する公立小中学校で、Pepperを活用したプログラミング授業を実施してもらう。

「ソーシャルチャレンジ」では、Pepperを活用した社会貢献につながる取り組みを提案した非営利団体に、その取り組みを実行してもらう。

ともに期間は3年間。

「スクールチャレンジ」は、各校のプログラミングの授業で児童生徒が制作したPepperのアプリケーションや、関連する取り組みについての発表コンテストを自治体が3年間毎年実施することなどが応募条件となっている。

また、SBGは各自治体が選出したチームの中から最優秀チームを決める大会を毎年開催する。

関連URL

Pepper 社会貢献プログラム

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21