1. トップ
  2. データ・資料
  3. 朝日学生新聞社、小学生が考える2016年の漢字は「選」

2016年12月12日

朝日学生新聞社、小学生が考える2016年の漢字は「選」

朝日学生新聞社は9日、同社が発行する「朝日小学生新聞」の読者リポーターに、2016年を象徴する漢字についてアンケートを実施した結果を発表した。一番多かった漢字は「選」だった。

朝日小学生新聞の読者リポーターは「朝小リポーター」の名称で活躍する小学生。海外を含め約520人が登録。身近な話題の寄稿、編集部からのテーマへの意見投稿やアンケートへの回答、大人の記者との取材など年間を通して誌面づくりに参加しているという。

朝小リポーターにアンケートを実施したところ132人から回答があり、81の漢字が寄せられた。それによると、今年を象徴する漢字の1位は「選」(10票)。ヨーロッパ連合(EU)離脱を問うイギリスの住民投票、参議院議員選挙、東京都知事選挙、アメリカ大統領選挙など、大きな選挙があった年。日本では選挙権年齢が18歳に引き下げられた。「私たちの未来を決める大きな選択の年だった」(東京・小3)という。

2位は「変」(7票)。都知事やアメリカ大統領が「かわった(かわる)」とした「変化」が主な理由。地震による地殻変動、東京オリンピックの会場の変更問題などもあった。

3位は「輪」(6票)。リオ・オリンピック(五輪)が開催され、2020年の東京五輪に向けて期待の高まった年でもある。

4位は「震」(5票)。4月の熊本地震、10月の鳥取中部の地震、11月の福島県沖の地震など、今年も地震が多発。アメリカ大統領選でのトランプ氏の勝利など「世界を震わすようなことがあった」(大阪・小3)という意見も。

5位は「新」(4票)で、東京都やアメリカでトップが新たに選ばれたのが背景にある。同じく「驚」(4票)も5位。トランプ氏の勝利に驚いたようだ。

関連URL

朝日学生新聞社

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21