1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. もし「新型インフルエンザ」が発生したら? 政府がWebで注意喚起

2016年12月16日

もし「新型インフルエンザ」が発生したら? 政府がWebで注意喚起

内閣府政府広報室は、新型インフルエンザに備えるため「正しい知識を持って!『新型インフルエンザ』に備える。」という記事を、政府広報オンラインに公開して注意を呼びかけている。

1216-kuni「新型インフルエンザ」は、毎年流行を繰り返す季節性のインフルエンザと異なる新型のウイルスが出現することにより、およそ10年から40年の周期で発生。もし発生すると、ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を持っていないため、世界的大流行(パンデミック)を起こして社会に重大な影響を与えることが懸念される。

記事では、新型インフルエンザの症状や感染方法、被害想定や対策など、「新型インフルエンザ」に対する基礎知識や国の取組み、国民一人ひとりができる備えを紹介している。

関連URL

政府広報オンライン
正しい知識を持って!「新型インフルエンザ」に備える。

政府広報アプリ(電子書籍)「感染症から身を守る」

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録