1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Findアクティブラーニング、教師の利用者が1年間で27倍

2016年12月22日

Findアクティブラーニング、教師の利用者が1年間で27倍

Findアクティブラーニングは21日、学校の教師のアクティブ・ラーニングへの興味関心度の統計を発表した。

アクティブ・ラーニングに最も関心が高いのは高校の教員

アクティブ・ラーニングに最も関心が高いのは高校の教員

その結果によると、同社の運営するAL情報総合サイト「Find!アクティブ・ラーニング」の利用者数は、昨年11月末以来1年間で実に27倍と増加しており、教師の10人に1人が同サイトで情報収集していることになるという。同サイトを最も利用しているのは高校・高専の教員 (35%) で、次いで中学校教員 (22%) となった。

また、学校全体でアクティブラーニングに取り組んでいこうという動きが加速しており、同社が、学校の教員全体で利用できる「学校導入版Find!アクティブ・ラーニング」を今月1日にリリースして以来、すでに50校近くで導入・運用がスタートしているという。さらに、これまでは英語・数学・国語といった教科での取り組みが主だったが、最近は、ホームルーム、美術、部活動などに活用が広がってきているとしている。

同社では、実際にアクティブラーニングを行っている学校では、勉強という枠にとらわれず自由な発想が身につき、生徒たちが主体的に学ぶことができていると考えている。

関連URL

Find!アクティブ・ラーニング

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21