1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 旺文社など新会社設立し「英語応対能力検定」を来年3月に実施

2016年12月27日

旺文社など新会社設立し「英語応対能力検定」を来年3月に実施

旺文社、カシオ計算機、毎日新聞社の3社は共同で、「英語応対能力検定」の運営法人、学びUPコミュニケーションズを26日に設立、検定試験の実施に向けた準備を進めていくことを発表した。

「英語応対能力検定」は、相手の状況や意図を理解し、適切な英語を使って必要な案内やサービスができるかなど、基本的なおもてなし英語力を評価するもので、外国人への応対が特に必要とされている5業種 (販売・宿泊・飲食・鉄道・タクシー) の「業種別試験」と、一般の人が街中で臆せず応対できる英語力を磨くための「一般試験」をインターネットで実施する。

現場で大切な「聞く」「話す」の2技能を中心に実践で役立つ英語力を測るもので、合格・不合格を判定するのではなく、知識・理解・応答の3つの観点から到達度 (A~Dランク) を評価するという。

第1回試験は、2017年3月1日(水)~31日(金)に実施、申込は2017年1月16日(月)から「英語応対能力検定」の公式Webで受付。

検定の概要

受験料:6500円 (税込)
試験内容:リスニング・リーディング/スピーキング
試験方法:iBT (Internet based testing) 方式 パソコン、タブレット、スマートフォンからの受験
第1回試験受験期間:2017年3月1日 (水) 12:00~3月31日 (金) 17:00 24時間受験可
第1回試験申込期間:2017年1月16日 (月) 12:00~2月22日 (水) 17:00 24時間受付

詳細・申込

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21