1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 沖縄県の小学生プログラマーが400名の前で登壇しプレゼンテーション

2016年12月26日

沖縄県の小学生プログラマーが400名の前で登壇しプレゼンテーション

CA Tech Kidsとシーエー・アドバンスは22日、プログラミング学習支援制度「CA-Frogsキッズプログラマー特待生」第2期生2名による成果発表会を、11日に沖縄・那覇市で開催したと発表した。

img同制度は、沖縄の未来を担うIT人材を育成・輩出するためのプログラミング学習支援制度で、CA Tech Kids、シーエー・アドバンス、Ryukyufrogs (リュウキュウフロッグス)、レキサスの4者が共同で2015年に設立したもの。

今期は、小学6年生の小嶺響平君と木村美月さんの2名の特待生が、小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」沖縄那覇校での半年間100時間におよぶプログラミングを学習し、開発したアプリを400名の来場者の前でプレゼンテーションした。

小嶺君は、Apple社の開発ツール「Xcode」を使って、買い物がもっと便利になるiPhoneアプリ「SMAL (スマル、ショッピング・メモ・アンド・リスト)」を開発。日常の買い物でよくある買い忘れや買い過ぎなどを解消したり、過去に登録した買い物リストも確認・再利用できるアプリをプレゼンテーションした。木村さんは、HTML、JavaScript、CSSを使って、家族同士が約束を守り合えるようにサポートするWebアプリ「Family Promise家族約束アプリ」を開発し紹介した。

関連URL

CA-Frogsキッズプログラマー特待生

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録