1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 第一学院高校生徒が考えた外国人向けのアイコンが岩手で活用

2017年1月11日

第一学院高校生徒が考えた外国人向けのアイコンが岩手で活用

第一学院高等学校は10日、同校の生徒が考えた「外国人向けのわかりやすいアイコン」が、岩手県盛岡広域振興局「外国人おもてなしまとめサイト『いわての10手』」に掲載され、広く活用されることになったと発表した。

デザイン化されたアイコン

デザイン化されたアイコン

ウィザスが運営する第一学院高等学校は、夢の実現と学業の両立を目指す生徒や不登校、高校中退などを経験した生徒が、高校卒業から希望進路の実現に向けて学ぶ広域通信・単位制高等学校。

同校では、教室での授業だけでなく、アクティブラーニングの手法を取り入れて、複数拠点にリアルタイムで配信する「ライブ配信授業」も展開している。

今回、その1つである「社会とつながる講座」において、作家・経営コンサルタントで希望郷いわて文化大使でもある村尾隆介氏を講師に招いて行われた授業「明日からできる自分の“国際化”~日本にいながら“世界の人”になる方法~」で、「海外の人が一目見ただけで意味の分かるアイコンのデザイン」に挑戦した。

全国のキャンパスから集まった中から選ばれたアイコンが、プロのデザイナーに手によってデザイン化され、「いわての10手」に掲載、広く岩手県の人々に活用されることになった。デザイン化されたアイコンは、新潟キャンパスの本間かれんさん、金沢キャンパスの河合榛乃さん、中村太一くん、高田雄斗くんの作品。

関連URL

第一学院高等学校「ICT教育」への取り組み

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ