1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Too がMDM運用支援サービスを開始

2017年1月11日

Too がMDM運用支援サービスを開始

Tooは11日、MDM運用支援サービス「あんしんMDM運用」の提供を開始した。

「あんしんMDM運用」は、大量のモバイル端末の管理を行うツールMDM(Mobile Device Management)を新規で導入する、または既に導入している教育・企業ユーザーを対象とした、MDMの運用支援サービス。

同サービスでは、Tooの技術スタッフが、プロファイル作成やアプリ登録、MDMコマンドの実行やメーカーへのエスカレーションの代行、モニタリングなどを行う。

また、MDM操作に関するトラブルの受付窓口もTooが用意するほか、オプションでMac特有の管理機能について対応を行う。

現在は、TooのApple製品の管理に特化したMDM製品「Jamf Pro」が同サービスの対象となっている。

サービスの利用料は年間で28万8000円(税別)。最低利用期間は1年間となっている。

関連URL

Too あんしんMDM運用

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録