1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育業界向け経理業務を自動化する「経理のミカタ for School」提供開始

2017年1月12日

教育業界向け経理業務を自動化する「経理のミカタ for School」提供開始

Cloud Paymentは11日、授業料の徴収や受講コース管理など、教育事業者特有の経理業務を自動化する「経理のミカタ for School」(Salesforce連携版) の提供開始を発表した。

d1047-71-807114-0「経理のミカタfor School」は、Salesforceの顧客データをもとに、金融機関と連携したバーチャル経理ロボットが、授業料や教材費の徴収と入金管理を代行するクラウドサービス。

回収状況に加え、受講コースや料金プランの変更状況が逐一Salesforce上に反映されるほか、帳票類 (債権年齢表や売掛残高一覧表など) の自動出力も可能。

ユーザは、本部と各スクール (教室、分校など) で行っていた情報共有や経理への報告作業をすることなく、各教室の適切な経理情報をリアルタイムで確認、共有することができる。

価格は初期費用30万円、月額費用10万円から。初期設定はケイズコーポレーションが行う。

関連URL

経理のミカタ for School

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録