1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本人を悩ませるのはやっぱりあの発音、スタディサプリENGLISH

2017年1月17日

日本人を悩ませるのはやっぱりあの発音、スタディサプリENGLISH

リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリENGLISH」は16日、英語学習の悩みに答えるNews Letter Vol.2として、社会人の英語学習に関するアンケート結果をまとめ発表した。

d10032-248-746223-0アンケート調査は2016年11~12月に実施したもので、「スタディサプリENGLISH」会員を対象に1018の回答数を得た。

いつも日本人を悩ませる英語独特の発音は、本人が持つ苦手意識だけでなく、思わぬミスコミュニケーションを生むこともある。今回のアンケートによると、そんな苦手な発音の多くを占めたのは、世代を問わず「LとR」(40.8%)、「th」(18.5%)、「siとsh」(8.4%)。この3つで全体の約70%近くを占めた。

アンケート回答の中には、「自分の発音Love(好き)が外国人にはRove(さまよってる)と聞こえていた」(男性10代)、「お米の話になってRiceと発音したつもりだったのですが、相手にはLiceと聞こえてしまったようでお米をシラミと勘違いされたまま話をしていたことがありました」(男性20代)というものも。

さらに、「Pepsicolaを注文したのに、わからない模様。どうもPepshiと日本語風に発音したのがまずかったらしい」(男性50代)、「お会計の時にお客様に言われたBillとビールのBeerを聞き間違えてしまった」(女性20代)、「Have a good day pleaseと伝えたつもりが、good dieと聞こえたと外国人の知り合いに言われた」(男性20代)など、発音から生まれる思わぬミスコミュニケーションもあった。

なお「スタディサプリ ENGLISH」では、冬得キャンペーンを1月18日から2月1日12:00まで実施。先着2017名限定で、通常価格では2カ月分お得な年間パック9800円 (税別)がさらに、実質月額が600円(税別)、4カ月分が無料になる。

関連URL

冬割キャンペーン

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録