1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 身体障がい児・発達障がい児向けにプログラミング家庭教師を群馬で開始

2017年1月18日

身体障がい児・発達障がい児向けにプログラミング家庭教師を群馬で開始

サンダーバードは17日、群馬県内の身体障がいや発達障がいのある子どもたちを対象としたプログラミングの家庭教師事業を5日から開始したと発表した。

基礎知識から実践型まで、現役のエンジニアが本人の興味と時流に合わせた指導を行う。

同社は2015年5月の創業以来、子ども向けのプログラミング講座を開催してきたが、2020年のプログラミング必修科目化の予測を踏まえ、1人でも多くの子どもに学べる機会を提供したいと考え、障がい児や長期入院中の子ども向けにプログラミングの家庭教師事業を開始した。プログラミング教室は各地で増加傾向にあるが、障がい児に特化し個別対応するサービスは群馬県で初めての試みになるという。

対象エリアは、現在のところ群馬県前橋市のみ。順次対応エリアを拡大していく予定。料金は内容や時間、回数に応じて見積もりをしている。

授業内容は、PCやタブレットを使いビジュアルプログラミング言語を学ぶ基礎知識、YouTubeやロボット、ドローンなどの関連知識を学ぶ応用編、実際の現場で使われているプログラミング言語を基礎から学び、システムやアプリを作る実践型のコースから構成されている。

関連URL

サンダーバード

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録