1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 京都市がICTを活用した不登校児の学習支援のためにプロポーザル募集

2017年1月26日

京都市がICTを活用した不登校児の学習支援のためにプロポーザル募集

京都市は、ICTを活用した不登校児童生徒の学習支援を行うために、プロポーザルの募集を開始した。契約の上限額は70万円(税込)となっている。

京都市はこれまで、市立小中学校での不登校対策として、引きこもり傾向の不登校生徒に対するICT学習支援を実施してきた。しかし、ここ数年で不登校の児童生徒が増えており、多様な支援が必要となっているという。

今回の事業では、 京都市立中学校に在籍し引きこもり傾向のある生徒を対象に、インターネットを活用した学習教材の提供と学習支援を行う。

また、京都市教育支援センターふれあいの杜のICT環境を整備するとともに、同施設に通級する児童生徒向けに、インターネットを活用した学習教材の提供と学習支援を行う。

スケジュール

応募申込:2017年1月25日(水)~2月7日(火)
企画提案書の提出:2017年2月8日(水)~2月24日(金)
募集要領等に関する質問:2017年2月8日(水)~2月10日(金)
上記質問に対する回答:2017年2月14日(火)
審査結果通知:2017年3月上旬予定

詳細

ICTを活用した様々な不登校児童生徒への学習支援事業に係る賃貸借契約事業者の公募

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ