1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソフトバンクと立命館がプログラミング教材を共同開発へ

2017年1月26日

ソフトバンクと立命館がプログラミング教材を共同開発へ

ソフトバンクグループ(SBG)と立命館は25日、教育分野での包括連携協定を締結した発表した。両者は協定に基づき、教育分野でのICT活用促進と環境整備、ICTに関わる知識、技能などの育成、人的交流を行う。

96958A9E808182E6E1E6E6EAE58DE0E7E2E3E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1210941025012017000000-PB1-1立命館では、2016年からソフトバンクロボティクスの協力のもと、立命館小学校の3年生を対象にPepperのソフトウエア開発キット「Choregraphe(コレグラフ)」を使ったプログラミング授業を実施。

そこで得たノウハウを生かし、2017年4月からSBGが実施する「Pepper 社会貢献プログラム スクールチャレンジ」で使う、プログラミング教育用のカリキュラムを立命館とSBGが協定の一環として共同で開発する。

同事業では、プログラミング教育や社会貢献を目的とした、自治体や非営利団体に、人型ロボット「Pepper」を3年間無償で貸し出す。

関連URL

ソフトバンクグループ

立命館大学

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録