1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. AIとロボットを活用したクラウド型「顧客おもてなしサービス」

2017年2月20日

AIとロボットを活用したクラウド型「顧客おもてなしサービス」

日本マイクロソフトとヘッドウォータースは、小売、飲食、サービス業など実店舗型でビジネスを展開する事業者向けに、パブリッククラウドプラットフォームMicrosoft AzureのAI機能とロボット技術を活用したクラウド型「顧客おもてなしサービス」を、ヘッドウォータースを通じて17日から提供開始した。

クラウド型「顧客おもてなしサービス」システム構成図

クラウド型「顧客おもてなしサービス」システム構成図

Microsoft AzureのAI機能「Cognitive Services」と、ヘッドウォータースが提供するクラウド・ロボティクス・サービス「SynApps」の技術を統合させたソリューションパッケージ。初期費用は不要で月額3万円(税別)からのサブスクリプション型のサービス形態として提供する。

クラウド型「顧客おもてなしサービス」は、AI技術とロボット型デバイスを活用して顧客を個別認識する。クラウドを活用してオーダーデータなど各種データと組み合わせ蓄積活用することで、顧客との新しいつながりを持ち、個別に最適な顧客サービスの提供するおもてなしを可能にする。さらに、経営予測や在庫管理など日々の店舗経営に貢献し、従業員の生産性向上を支援するプラットフォームになるという。

主なサービス機能は、顔認識による顧客個別認識、自然言語での会話による挨拶と接客、タブレットやロボット型デバイスと連動した注文、センサーを活用した顧客の来退店確認、指定ポイントの接触、店舗オペレーションに必要なチケットやレシートの発行、収集されたビッグデータ管理・分析からのインサイト抽出など。

関連URL

クラウド型「顧客おもてなしサービス」

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録