1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソフトバンクC&S、STEM教育用ロボットの取扱開始

2017年2月20日

ソフトバンクC&S、STEM教育用ロボットの取扱開始

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は、中国のMakeblock社と日本国内での正規販売代理店契約を締結し、同社STEM教育用ロボットの取り扱いを17日から開始した。

ソフトバンクC&Sが販売を開始したのは、Makeblock社のSTEM教育用ロボット3機種。

image

「mBot V1.1-Blue(Bluetooth Version) 」は、8歳以上を対象とした、30分ほどで簡単に組み立てができるエントリーモデル。参考価格は1万4000円(税抜) 。

「mBot Ranger Robot Kit(Bluetooth Version)」は、12歳以上を対象としており、組み立て目安時間は約90分となっている。参考価格は2万5000円(税抜)。

「Ultimate Robot Kit V2.0」は、15歳以上が対象。80種類160個のパーツを組み合わせ、10種類のロボットを作ることができる。参考価格は5万円(税抜)。

販売は、一部家電量販店やSoftBank SELECTIONオンラインショップなどのECサイトで展開を予定している。

関連URL

mBot V1.1-Blue(Bluetooth Version)

mBot Ranger Robot Kit(Bluetooth Version)

Ultimate Robot Kit V2.0

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録