1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ゲーム感覚で管弦楽器の練習ができるアプリ「やろうぜ管カラ!」

2017年2月21日

ゲーム感覚で管弦楽器の練習ができるアプリ「やろうぜ管カラ!」

ヤマハは20日、ゲーム感覚で管弦楽器演奏を楽しめるiPhone・iPad向け楽器演奏採点アプリ「やろうぜ管カラ!」の提供を開始すると発表した。App Storeで無料ダウンロードできる。

d10701-67-885598-1また、ヤマハが運営するウェブサイト「ヤマハミュージックデータショップ」で同アプリに対応する楽曲データの販売を3月15日から開始する。

「やろうぜ管カラ!」は、ヤマハ独自の楽器演奏評価技術「virtana」によって、楽器ごとの奏法の特徴に合わせて楽器演奏の評価を行う。音程だけでなくタイミングや演奏技法までリアルタイムで分析し、演奏後に評価が点数として表示されるため、カラオケの採点機能のようにゲーム感覚で楽しむことができる。

また演奏に応じて、「ブレスがしっかりしていて、その楽器らしい鳴り、音色が出せています」「ピッチがうわずっています。ずいぶん力んで演奏しているようですね。力を抜いて、リラックスしてください」といった評価コメントも表示。さらに、直前の演奏をプレイバックできる機能を追加し、自分の演奏を振り返って確認できるようになった。

演奏を採点する「本番モード」のほか、練習のための「練習モード」を用意。「練習モード」ではメトロノーム機能や早送り・早戻し機能に加えて、キーやテンポを変更する機能や、特定の部分のみを繰り返し練習できる機能も備え、効率的な練習が可能になっている。キーを変更した場合は、画面に表示される楽譜のキーも自動で調整変更される。

マイクやイヤホン、スピーカーなどの機器を取り付けなくても、iPhoneやiPadと楽器だけで使用することが可能。音が出せる環境であれば、いつでもどこでも気軽に楽しめる。

関連URL

ヤマハミュージックデータショップ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録