1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アズム、教育現場でも有効な仮想デスクトップソリューション

2017年2月27日

アズム、教育現場でも有効な仮想デスクトップソリューション

アズムは、Teradici社(カナダ)の「PC-over-IP」技術と、アズムのICカードによるユーザ認証技術を融合した仮想デスクトップソリューション「AZ Desktop Cloud Platform」を24日から販売開始した。

「AZ Desktop Cloud Platform」は、Teradici社のソフトウェア基盤「Teradici Cloud Access Platform」と、アズムが旧サン・マイクロシステムズのシンクライアント「Sun Ray」の取り扱いを通じて蓄積したICカード技術を組み合わせることで、管理が容易でウィルス感染や情報漏洩リスクの低いゼロクライアント端末から、自身の仮想デスクトップ環境にいつでもICカードで安全かつ快適にアクセスすることを可能にする。

「AZ Desktop Cloud Platform」は、「PC-over-IP」対応のゼロクライアント端末にユーザが自分のICカードを挿入すれば、いつでもどこでも自分のデスクトップにアクセスして作業できるようになる。ICカード認証は接続先OSに依存せず、ICカード認証とパスワードによる二要素認証が可能。

クライアントは、ゼロクライアント端末の他、ソフトウェアクライアント(Windows、Mac OS)、モバイル端末(iOS、Android)も利用可能で、セキュリティポリシーに従って柔軟に運用できる。ICカードは、社員証/入館証など既存のICカードを流用することも可能で、「Sun Ray」導入ユーザは、使用しているICカードをそのままで「AZ Desktop Cloud Platform」に移行することもできる。

ワークスタイル変革、セキュリティ強化、運用効率などの観点で、デスクトップ仮想化へのニーズは今後も継続的に高まることが予想されているが、アズムは、地方自治体、医療機関、教育機関などを中心として、「AZ Desktop Cloud Platform」の仮想デスクトップ環境構築の提案に注力するとしている。

関連URL

AZ Desktop Cloud Platform

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ